記事リスト

調理師になるには

炒める人

調理師は国家資格です

料理が好きで、将来これを職業にしたいと考える人は多いでしょう。料理のプロとして多くの人が真っ先にあげる職業は、調理師と言われています。調理師は、レストランやホテル、料亭等、飲食の場で料理を作るのが仕事で、国家資格が必要です。ただし、飲食店などで料理を作る人がすなわち全てが調理師とは限りません。実は、調理師免許がなくても飲食店等で料理を作ることは可能です。しかし、調理師を名乗ることができるのは国家試験を合格した人のみなのです。調理師免許は国家資格とあって、一定の技能に達しているという証明になります。そのため、この資格を取得していると就職が有利になったり採用条件が良くなるといったメリットがあるのです。また、将来独立して店を開業したときに調理師免許を持っていれば、来客だけでなく取引先や金融機関等の各方面で信用が高くなります。調理師の国家試験は、飲食店等で2年以上の実務経験があることが受験条件です。合格率は60%台と難易度は中程度ですが、ただし栄養学や衛生学等幅広い知識が問われるため、事前に相当な勉強が必要とされます。実は、このような国家試験を受けることなく調理師免許を取得する方法があるのです。それは、調理専門学校で学ぶことです。調理専門学校は、必要とされる課程を修了すれば自動的に調理師免許が得られるのです。調理専門学校に通うメリットは、調理師免許が得られることだけでなく、食に関わる深い知識と調理に関する幅広いスキルが得られることもあげられます。たとえば、飲食店等の食の現場では調理のスキルは得られますが、ただし衛生や栄養等の知識が足りなかったり、スキルが得られたとしても店独自のものだけであったりで、他では通用しない可能性があるのです。専門学校で学ぶことにより、様々な食の現場で即戦力となり得るでしょう。

Copyright© 2018 バリスタを目指す人のための学校~全般的な知識を身につける~ All Rights Reserved.