記事リスト

コーヒーのプロになる

男性

スキルアップを目指す

バリスタはイタリア語でエスプレッソを出すお店で働くひとのことです。転じて日本ではバリスタはコーヒー、特にエスプレッソコーヒーに精通した人や仕事を指します。バリスタの仕事は単にコーヒーを淹れるだけでなく給仕を行うことも仕事であり、接客スキルが求められます。日本ではバリスタという言葉や、そもそもエスプレッソよりも際フォンの方がコーヒーを淹れる方法としては主流であったため、あまり知名度の高いものではありませんでしたが2000年代に入ると次第に知名度が上がり、また家庭でも手軽に使えるエスプレッソマシンの登場によって知られるようになっています。バリスタそのものは民間資格がありますが、公的な資格はないため誰でも名乗ることができます。しかし周囲からバリスタと認められるためには必要な知識と技術を身に付け、現実に美味しいコーヒーを淹れることや接客スキルが優れていることが求められます。バリスタになるための方法としては学校やスクールで学ぶ方法と、実際に店舗で働いて修行する方法があります。現実的に言えば学校で身につける方が正しい知識を身につけることができます。また店舗での修行はコーヒーの淹れ方を学ぶことが中心ですから独立開業した際の経営に関する知識までは教えてくれません。学校では経営を主眼に置いたところもあり得られた知識によって開業した際には経営に戸惑うといったことを避けることができます。ただ学校では基礎的な技術が中心ですから実際に卒業後はバリスタとして働き、さらなる技術を学ぶ必要があります。

Copyright© 2018 バリスタを目指す人のための学校~全般的な知識を身につける~ All Rights Reserved.