記事リスト

炒める人

調理師になるには

飲食店で料理をする人は調理師免許がなくても可能です。ただし調理師を名乗ることができるのは国家試験合格者のみあり取得することで就職が有利になったり信用度が高くなるのです。調理師免許は国家試験を受験する以外では調理専門学校で課程を修了すれば自動的に取得できます。専門学校で学ぶことで即戦力になり得ます。

女性

費用を比較しよう

バリスタになるための専門学校はたくさんありますが、費用はそれぞれ違ってきます。また、通う頻度によっても違っくるので、働きながら通う人もその点も踏まえて通いやすいところを選択しましょう。最低でも年間100万円以上はかかるものです。

野菜を切る

調理について学べる

料理に関する専門技術を磨きたいのであれば、専門学校に通いましょう。技術を磨くだけではなく、卒業後の就職までサポートしてくれるのが、専門学校の強みです。料理店や食品メーカーなど、就職先の幅広さも魅力の1つです。

PICK UP

炒める人

調理師になるには

飲食店で料理をする人は調理師免許がなくても可能です。ただし調理師を名乗ることができるのは国家試験合格者のみあり取得することで就職が有利になったり信用度が高くなるのです。調理師免許は国家試験を受験する以外では調理専門学校で課程を修了すれば自動的に取得できます。専門学校で学ぶことで即戦力になり得ます。

女性

費用を比較しよう

バリスタになるための専門学校はたくさんありますが、費用はそれぞれ違ってきます。また、通う頻度によっても違っくるので、働きながら通う人もその点も踏まえて通いやすいところを選択しましょう。最低でも年間100万円以上はかかるものです。

カフェ業務全般を知る

バリスタ

技術力を高める

バリスタはコーヒーのスペシャリストとしてカフェで働く人です。バリスタになるために保有しておかなければいけない資格は定められていません。大手のカフェチェーンで技術を磨いて店内の試験に合格すれば、そのお店のバリスタとなります。ただ、他のお店で働く場合には再度技術を積む必要があります。広くバリスタの知識を身につけるためには学校に通い、学ぶことが重要なことであると言えます。学校においてはバリスタの知識を専門的に学ぶというよりは、カフェにおける業務全般の知識を身につけることができます。日本国内におけるカフェではバリスタだからと言ってエスプレッソドリンクを作ることに専念するだけでなく、さまざまな業務を担当することが多いので、全般的な知識を身につけることが仕事をしやすいと言えます。つまり、日本国内のカフェ事情に見合ったカリキュラムを学校は設定しています。とはいえ、高度な技術が必要なラテアートや美味しいエスプレッソドリンクの淹れ方などの教育も行われます。エスプレッソの仕組みや特徴などを座学で学んだあとに、実習が行われます。エスプレッソを淹れるときに使用する機器の使い方を覚えることはもちろん、エスプレッソを抽出する際に豆を詰める力の入れ方は何度も練習して感覚を掴むことが重要です。また、きめ細やかな泡を楽しむカプチーノに必要なフォームミルクの作り方なども実習で学びます。学校でそれらの技術を身につけることができれば就職においても有利になります。また、専門学校には様々な種類の専門学校があります。これらのような職に関する専門学校だけでなくゲーム関係の専門学校や美容関係の専門学校もあります。もし、ゲームクリエイターになるにはどのような進路に進んだらいいのかなどと考えているのであれば、迷わず専門学校という進路を選択しましょう。

男性

コーヒーのプロになる

バリスタとはコーヒーに精通した人のことで主にエスプレッソを淹れる店員のことです。バリスタはコーヒーを淹れるだけでなく接客技術も求められます。バリスタになるためにはお店で修行するほか学校で基礎的な知識と技術を学ぶ方法があります。

男性

幅広い知識と技術を習得

プロを目指す人から家庭料理の腕を磨きたい人までの幅広いニーズに対応しているのが、料理の専門学校です。充実した設備・環境に加えて、資格の取得や進路に関するサポート体制が万全であることも魅力で、多くの卒業生たちが飲食業界で活躍しています。

Copyright© 2018 バリスタを目指す人のための学校~全般的な知識を身につける~ All Rights Reserved.